Blog

困った世の中になりました。

子ども達が危険な目に会った時に、自信を持って大声で、「いやだ!」と相手に対応できることを目指した訓練、CAP(Child Assault Prevention)の講習会が開かれました。3日間のプログラムで、初日は親のための講座も開かれました。年長組のお母さんが熱心に受講しました。
CAP1.jpg
そして子ども達は、CAPオホーツクのお姉さん達に、「子ども達は、安心、自信、自由を持って生きる権利がある」ことを、繰り返し教えてもらいました。
CAP2.jpg
その権利が奪われそうになった時には、相手を驚かせるくらいの大声で「いやだ!」と言ったり、「あーっ!」と大きな声で逃げていいということを、実際に劇を通して体験しました。実際に使われる場面に出会ってほしくないですけれど、現代では子ども達が自律して人生を生きていくのに必要なプログラムなのかも知れません。
CAP3.jpg