Blog

教会で花の日のお礼拝(年長組)

今日は幼稚園の花の日でした。

花の日〜キリスト教の行事の一つで、花も人も神様に守られ愛されて育ってきたことを感謝する日です。

例年、各家庭から持ち寄った花を近所に住む方や施設にお届けするのですが、昨年からそれができなくなってしまいました。

今年も、年長組だけ教会にお花をお届けに行き、花の日のお礼拝を捧げてきました。

教会では牧師先生が待っていて下さいました。

牧師先生が用意して下さった花瓶に、お花をいけます。

「どの花瓶にしようかな〜。」

沢山の花瓶に迷ったりして☺︎

お花を飾り、これから花の日のお礼拝です。

賛美歌を歌い

牧師先生のお話。

ルカによる福音書12章27〜28節から

野原の花がどのように育つのかを考えてみなさい。働きもせず紡ぎもしない。しかし言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は野にあって、明日は炉に投げ込まれる草でさえ、神はこのように装ってくださる。

「花にはいろいろな形や色があります。ここにいる子ども達も色々です。神様は小さな花も大切にして下さいます。そして、ここにいる子ども達はもっと大切にして下さいます。花が小さな種から大きく育つように、皆さんも花のように心も体も神様に守られて豊かに成長していくことができますように。」

お話の後、牧師先生のお祈りを聞き、子ども達も一緒に「アーメン。」

お礼拝が終わり、牧師先生に見送られて幼稚園に帰ります。

年少年中組は、クラスにお花を飾りお礼拝をしました。

これからも子ども達が神様に守られて、花のようにすくすくと大きくなっていくことができますように。


カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930